ロボット・ ものづくり研究会

第7回 工場見学(2015.10.14)

第8回 懇話会(2014.12.26)   「日本の宇宙開発の歴史とこれから」
―“はやぶさ”“かぐや”の軌道・航法の秘密 ―

第6回工場見学(2014.3.31)
   「独立行政法人海洋研究機構(JAMSTEC)横須賀本部 施設見学」

第7回 懇話会(2013.11.4)
「星と惑星の誕生と太陽系外惑星の観測について」

  総合研究大学院大学・広報室長 真山 聡先生をお招きし 星や惑星の誕生の仕組みや太陽系より外にある惑星(以下太陽系外惑星)の観測と生命存在の可能性などお話を伺いました。
  夜空を彩る星の多くは恒星、自ら光を発し、ガス体で構成され、地球から一番近い恒星 は、太陽である。
惑星は恒星の周囲を主に恒星の重力の影響を受けて公転し、自らは発光しない。
惑星は分子雲(ガスと塵の集まり)の濃い所、原始惑星系円盤の形成から1000万年程で誕 生する。地球は太陽と共に生れた。
太陽系外惑星は光を出さない為、その発見には色々な工夫がいる。

タイトルとURLをコピーしました